NOTE

圧迫感と親近感
2020.6.11

現場監理へ行ってきました。お客様の敷地内での工事ということで、住まいとして現在も利用されている状況でもあるので、注意しながら工事を進めています。塀も組み上がってきており、あと少しで完成です。木でしっかりと組み上げていることや高さに対しての圧迫感を木という親近感を持つ素材によって軽減させるようにしています。高さよりも木というものに焦点をあて、隣の方々に対して借景となるような役割を果たすことで、お互いに良い効果がはたらくようなデザインとしています。しかし、このタイミングで梅雨に突入。なんとか雨が少なければ良いのですが。。あと少し。丁寧に1つ1つ進めて参ります。