NOTE

お宮参りを通じて感じること
2020.6.4

戌の日に参った日岡神社へお宮参りへ行ってきました。あの時はまだお腹の中だった僕たちの娘。一緒に参道を歩くことが感慨深い想いでした。この日は雨だったのですが、写真撮影をする間は偶然にも雨がやみ、濡れることなく納めることができました。ありがたや。

お宮参りをする場所は専用の部屋が設けられており、赤ちゃんを少し横にしたり、荷物を置けるようなしつらえになっていて、1つ1つの配慮が見受けられました。人との直接的距離に気を使う時期ではありますが、1組ずつお参りすることができたので、大変安心感がありました。

子どものことや僕たち自身のこと含め、これから様々な節目が訪れます。節目を大切に丁寧に迎え入れていくことが、普段の生き方にも結びつき、よりよい暮らしを育んでいくきっかけになるように感じます。