NOTE

地元高砂市の質高き素材
2020.4.29

流行に捉われない素材の良さ

友人のセラピストさんのお店の写真です。インスタグラムでアップしてくださっていたので、ご紹介します。写真の家具を以前作らせていただいたのですが、お店を移転してからも大切に使ってくださっています。このように長く使っていただけることに喜びを感じますし、地元の竜山石を用いた空間は流行に捉われず、時とともに普遍的な落ち着きと美しさを醸し出しています。

地元高砂市で採れる竜山石

竜山石は、地元高砂市で採石される石です。表面を磨いて仕上げた時の質感が独特で、まるで人肌のような感触を持っており、一度触れてもらえるとわかるのですが、大変上質感のある素材です。竜山石は多孔質な素材でもあるため、調湿性も備えており、程よい湿度を空間に与えてくれます。

実際に使われている場所としては、地場である姫路城の石垣であったり、皇居吹上御苑・国会議事堂・住友銀行本店ビルなど日本でも中心となる荘厳な場所にも採用されるほど大変意味深い石です。ただ、そんなに有名な石の存在は、荒々しい岩肌をあらわにした山の風景として日常的に当たり前のようにありすぎたために、その価値に気付くことはできず、25歳ぐらいまでこの素材のことを全く知りませんでした。

庭師の親方の言葉

18のときに徳島へ行き、1つ目の設計事務所勤務のあと、よく造園工事に入ってくださっていた造園屋さんにデザイン・施工の補助で仕事をすることになったのですが、このときに庭師の親方から言われたことが印象的でした。

“八木くん、出身は兵庫県の高砂市か!竜山石が採れるええところに住んでたんやなぁ。”

姫路の横にあります、と説明するしかできなかった地元の名前が当然のように出てきたこと、その石名が出ることに驚いたこと、そんなに有名な石がこんな地元にあったんだという、灯台下暗し感。本当に驚きました。それから地元高砂市へ帰り、竜山石というフレーズを頭の片隅に置いて、設計事務所に勤める傍らまちづくりのボランティアをしていましたが、そこで竜山石を採石する方にも知り合うことができました。それから交流が深くなって今では、仲良く会話ができるようになったのです。

質の良い素材を提供したい

地元の石だから、自分が作る空間に用途関係なく積極的に取り入れたいというわけではありません。向き・不向きはもちろんあります。地元で作る空間だから地元のものを必ず使えば良いというものでもありません。やはり適材適所、それがデザインです。お客様の考えや想いを伺ってカタチにしていく中で、この石が当てはまってるのであれば、積極的に使えたら良いなぁと。

僕たちが勝手に思うこの石が似合う場所は、肌で触れることに重きが置かれる空間。素足も良いですね。あとは落ち着いた静かな場所が向いているのではないかと。繊細さと精神の静まる場所に良い効果与えられる素材だと思いますので、もしこの言葉にご共感くださる方がおられましたら、ぜひご相談くださいませ!

あと今回ご紹介したお店は、”プライベートスパ月と太陽”さん。竜山石を用いたマッサージだけでなく岩盤浴やよもぎ蒸しもありまして、心地よいお時間を提供されております。今は新型コロナウイルスの影響で自粛されているのですが、収束後にはぜひ足を運んでみてください。

↓プライベートデイスパ 月と太陽↓※ホームページがちょうどメンテナンス中でした💦

https://m.facebook.com/tsukitotaiyo/?ref=page_internal&mt_nav=0

http://tsukitotaiyo.com/

https://instagram.com/tsukitotaiyo.stone?igshid=nybk4rnfn6m9

↓株式会社 松下石材店↓竜山石の採石・製材・施工までワンストップでされています。

https://www.tatsuyamaishi.com/

***

私たちは、兵庫県加古川市を拠点に活動する建築設計事務所です。”優しくなれる場所をつくる”をコンセプトとして、自然と人が寄り添うワクワクできる場所づくりを実践しています。時代を見据えた従来の概念に捕われない柔軟な発想で、場作りのご提案を致します。建築だけではなく、資金計画はもちろん、敷地探し等も対応しております。店舗の場合は、企画・立案~建築以外の庭廻りやグラフィックデザインまでトータルのご提案が可能ですので、ぜひ小さな疑問ややりたいことをお問い合わせください。コンタクトフォームはこちらからどうぞ!

https://yagi-architect.com/contact