NOTE

【TEDx】あらゆることをサクッと学ぶ方法
2020.4.25

何か新しいことに踏み出すとき、物怖じすることが多々あります。二の足を踏んでしまい、先に進むことを恐れてしまう。それは何故でしょうか?僕たちも建築の仕事をする中でもあることですし、私生活でも同様のことが多々あります。その都度クリアはしてきましたが、大変良いスピーチでした。

TEDxCSUにてジョシュ・カウフマンのスピーチを聞きました。彼は言います。

自分がやりたいことを決め、まず最初の20時間にチャレンジしてみること。

そのためには、4つのことが必要だと言います。

  • 必要なスキルを細かく分解してみること
  • 学ぶための教材を3~5準備し、失敗しながらやってみる。自己修正を繰り返す
  • 邪魔になるノイズを無くす
  • 少なくとも20時間はやってみる(1日45分×30日)

これらを行うことで、どんな物事でもある程度の概略はマスターできてしまうのです。1は、大谷翔平が話していたマンダラチャートの考え方にも近い気がします。仕事でも物事に取り組む前に、スケジュールや何をする必要があるか細分化を行いますが、それはあくまで自分が得意である仕事としてやっていたこと。

人生を豊かにしていくための方法として、限られた時間の中で自分が熱くなるやりたいことを始めるときに、この考え方は大変実践的だと感じました。4のように、実質1ヵ月と考えると、目標として掲げやすいですよね。それが仕事にも生きていくし、暮らしももっと面白くなる!皆さんもぜひ試してみてください!僕にもいくつかあるのですが、次回の記事にて書いてみようと思います!