NOTE

暮らしの風景を俯瞰すると
2020.3.3

ドローンによる空撮が可能になり、気軽にらこんな写真が撮影できるようになりました。普段立っている目線よりも俯瞰することで、どんな場所に自分たちが住んでいるのか?少し客観視することができます。日常的に当たり前のようにある風景も見方を変えると美しさを再認識できたりもします。

日常は自然とともにあり、自然の中で暮らしているということがわかると、どこかで自分たちの普段こアクションの一部が良い意味で変化するんじゃないかなぁと想うんです。僕もそうありたいと想います。

建物を建てる時も、自然の一部をいただいて建てるので、その場所には自然本来の素材を使ったり、自然と対峙できるような余白を設けたいと考えています。木を植えることも自然の一部をいただいたことへの還元のように想うんです。そしてそこから自然との対峙にも繋がります。

僕は、自身の恩師がインド人と日本人の夫婦ということもあって、今となっては大きな影響を受けています。インドにも実際にバックパッカーとして1ヶ月ほど旅にも出ました。ヒンドゥー教を初めとした哲学、ガンジス川という大いなる自然の母のような存在。そこから生まれる命やエネルギー。書き出すとかなり長くなるので、また別の機会に!笑