NOTE

描ける壁の魅力
2020.3.2

黒板の壁。ざらつきの少ないシナ合板の上にパテ処理をしてひび割れが起きにくいように配慮し、その上から黒板塗料で仕上げたもの。ここはカフェのメニューなどが描けるようにと提案したのですが、子どもたちの落書きスペースにもかなり代用が効きます。リビングなどに実際に用いられることも増えてきているようですが、家族やみんなが一緒に集まる場所の1つの仕掛けになりますね🙂黒板だけではなく、ホワイトボードもありですし、木の表情を生かしてホワイトボード塗料を塗装するのも1つ!求められている雰囲気に応じて、それに合わせて柔軟に作ることができるのでおすすめです。子どもの頃、チラシの裏によく落書きしていましたが、こういうみんなが見える場所にあることが、子どもの主体性や創造力を豊かにしていくように想えるのです。