NOTE

子どもたちにきっかけを
2019.12.4

高砂市にある米田西小学校にて、”職業人と語ろう”という、小学校6年生を対象とした、あらゆる職業をされている地域の方々を招いて実際に仕事を体験してもらおうという催しに参加してきました。普段からまちづくりや建築工事で長らくお世話になっている主催側である高橋建設さんから依頼をいただいたこたがきっかけです。普段卓上の勉学に励む中で、なかなかこのような生の声や体験ってできないなと、自身が小学生の頃の記憶が蘇り、とても良い機会だと感じました。

今回は実際に、子どもたちに自分たちが住みたい家を描いてもらいました。間取りを描いてみようということで。とは言っても、スケール感であったり、普段自分たちが暮らす環境をどこまで大きさをわかって過ごしているかというのはとても難しい話で、ああでもない、こうでもないと、みんなで喋りながら絵を描き続けました。

自分たちの住みたい家の絵を描くということから、普段こんなことを大切に思っているんだと気付くきっかけが生まれたら良いなと思っています。そうした些細な出来事が、案外自分の将来の一部として宿り続けるように感じるのです。大変良い機会をありがとうございました。